ゆかりの画家大石輝一没後50年展を成功させたい!「アートあふれる街さんだ」実現へ

  • stars集まっている金額
    ¥450,000
    (目標 ¥1,000,000)
  • flag目標達成率
    45%
  • local_offer購入数
    64
  • watch_later残り時間
商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
 三田市には、地元で「ゴッホの丘」と呼ばれる丘があるのをご存知でしょうか。洋画家・大石輝一が芸術を愛する若者達が集う理想郷「アートガーデン」の建設を目指した広野の丘です。画伯没後50年となる2022年10月「アートシティさんだ研究会」は、三田市内で大石の画業、人物像、その志を紹介する展示会を開きたいと思います。研究会が将来構想に掲げる「デジタルミュージアム」の要素も盛り込んだインパクトの強い展示会を企画しています。思いを共有していただけるみなさまに支援を呼び掛けます。
    • 大石輝一 その略歴

    •  大石は大阪市生まれ。明治43(1910)年頃から洋画家を目指し、独学で勉強を始めます。大正5(1916)年に上京し、岡田三郎助を訪ね、本郷洋画研究所に学びました。大正12(1923)年の関東大震災後に帰阪し、西宮にアトリエを持つに至ります。
    •  大正15(1926)年、岸田劉生が主宰する「草土社」の強い影響のもとに「艸(そう)園会」を結成します。出品を続けるとともに、1932(昭和7)年には艸園美術研究所を開き、昭和8(1933)年には他の2団体とともに大阪新美術家同盟を結成しました。同年、満州ハルビンにスケッチ旅行で訪れ、成果を後日のハルビン素描展にて発表しました。
    •  昭和9(1934)年には阪急夙川駅近くにアトリエ兼喫茶店「ラ・パボーニ」を開きます。南欧風の店構えで、店内の壁や天井は、輝一の作品でびっしり埋まっていました。「ラ・パボーニ」は画家や文化人のサロンとなり、作家の小松左京氏や野坂昭如氏らも店の常連だったとのことです。また、画家山下清も長く滞在し、作品を残したことで知られています。
    •  昭和35(1960)年、大石は、西宮市夙川での創作生活に別れを告げます。当時まだまだ未開であった三田市広野の淡路開拓村の一角に芸術の理想郷「アートガーデン」を建設するため林野の開拓を始めました。大石がこの地を選んだのは、彼が敬愛するゴッホが愛した南フランスアルルの風景と似ているというのが理由でした。
    •  彼はアトリエをつくり、いくつもの石碑の制作に、彼の晩年の力の全てを注ぎ込みます。昭和37(1962)年、この地を「ゴッホの丘」と呼ぶきっかけとなった「ヴィンセント・ファン・ゴッホの記念碑」の除幕式をオランダ総領事夫妻他多数の名士の出席をもって挙行します。その後も、武者小路実篤氏から贈られた「ゴッホを想う詩碑」、柳宋悦七回忌に「民芸の父・柳宋悦先生の讃碑」、ロマン・ロラン生誕100年を記念する「ロマン・ロラン記念碑」、戦時中スパイ容疑から獄死された夙川カトリック教会のブスケ神父の像などを次々と完成させました。
    •  昭和47(1972)年、大石はアートガーデンの完成を見ぬまま、病によりこの世を去りました。享年77歳でした。死後14年を経て昭和61(1986)年、西宮市大谷記念美術館で「大石輝一展」が開催されました。令和4年(2022)年は、大石輝一没後50年となります。
    • アートシティさんだ研究会

    •  アートシティさんだ研究会は、アートによって三田を盛り上げようという志を同じくする40名によって2021年4月に設立されました。この研究会は、地元アーティストの作品展を駅前喫茶店で開催する事業を継続的に実施しています。
       また、デジタル映像技術を活用したアートミュージアムを企画検討することを、最終的な目標の一つとしています。研究会では、まず、このデジタルミュージアムで将来的に取り上げるべき三田ゆかりのアーティスト数名の抽出を行いました。その中の一人が、丁度没後50年をむかえる大石輝一でした。
    •  50年を経て「アートガーデン」は、造作物に経年劣化が目立ちますが、そこには大石の芸術への情熱が未だに宿っているのか、確実に人に迫るものがあります。現地調査活動に参加した「アートシティさんだ研究会」のメンバーが、「大石没後50年展をやろう」と言いだしたのは、極めて自然で、誰一人としてこれに異を唱える者はありませんでした。
    •  現在、三田には、大石の絵画作品はひとつとして残されていません。その上、無人となった彼のアートガーデンには、不審者の侵入を防止するための「立ち入り禁止」の看板が夜目にも明らかな状態にあります。このままでは、三田市民の記憶から大石輝一の名前が消えてしまうのは、時間の問題ではないかという危機感も展示会開催を後押しした要因です。
    • 大石輝一没後50年展

    • 展示会基本コンセプト

    •  三田に関わる美術遺産の調査と調査結果を活用した「さんだデジタルミュージアム」の構想づくりは、アートシティさんだ研究会の大きなテーマです。大石輝一没後50年展は、正にこの目的に添ったイベントとすることが望まれます。
    •  ☆ 三田ゆかりのアーティストとして、大石輝一の人物像、業績、そして三田市広野のアートガーデン建設への情熱を、来場の皆さんに再認識していただくような展示内容とします。
    •  ☆ 将来の「さんだデジタルミュージアム」への示唆を含むよう、デジタル映像技術を活用した資料の編集、作品の展示方法等に新しい工夫を織り込みます。
    •  会場を、次の4つのゾーンに分け、それぞれのゾーンに個性をもたせます。
      ① 大石の画業全般を紹介するゾーンA
      ② 夙川ラ・パボーニ時代の大石と文化人との交流を紹介するゾーンB
      ③ 三田広野のアートガーデンを紹介するゾーンC
      ④ 大石が建設を夢みた複製画美術館とアートシティさんだ研究会の目指すデジタルミュージアムを対比的に紹介するにゾーンD
       また、この企画のために作成する資料や動画を大型モニターやスクリーンに連続投影し、インパクトの強い展示会場としたいと考えています。
    • 日程・会場

    • 期間: 2022年10月6日(木)~10月11日(火) 10時~20時
      会場: 三田市総合文化センター郷の音ホール展示室
      入場料: 前売り450円・当日500円
    • ゾーンA 大石輝一

    •  ゾーンAでは、まず、大石の年譜をスナップ写真と伴に展示します。大石の実作品も、数点を会場に展示し鑑賞いただけるようにいたします。また、大石がハルビンへスケッチ旅行した際のスケッチブック等を見ていただけるように中央の展示台に並べます。
       
       大石の絵画作品のうち特徴的な数点を高度な印刷技術で複製加工し、会場でご覧いただけるようにします。大型モニター画面では、大石の絵画作品を画像として連続的に流すとともに、映像で絵画を鑑賞する際にネックとなる「臨場感不足」を補ういくつかの方法を動画上で試みます。
    • ゾーンB 夙川「ラ・パボーニ」

    •  ゾーンBは、阪神大震災で全壊した夙川のカフェ「ラ・パボーニ」屋内の当時の雰囲気を演出します。ゾーン中央展示台には、大石が編集した会誌「PAVONI」(復刻版)と大谷記念美術館での大石輝一展図録を手に取ってご覧いただけるようにいたします。展示台の周りには、「ラ・パボーニ」で実際に使用されていた喫茶店椅子が置かれます。

       
    • ゾーンB正面には、夙川「ラ・パボーニ」の建物外観スケッチのパネルを設置し、背面には、屋内写真の大型パネルが設置されます。正面右コーナーには、1台の大型モニターが置かれ、西宮時代の大石の活躍の様子を知る方達へのインタビュー動画を交えて紹介します。
       
       左右の壁面に、「ラ・パボーニ」の屋内壁を再現するように、壁画パネルを展示します。多くの文化人を集めた芸術サロンとしての当時の様子や一時「ラ・パボーニ」に投宿していた山下清との親交もパネル写真で紹介いたします。
    • ゾーンC 三田広野「アートガーデン」

    •  ゾーンCでは、三田広野のアートガーデンを紹介します。周囲の壁面には、アートガーデンの石碑等の大型パネルと、それぞれの石碑建立に関連する写真や資料を展示します。

       大石の作った造形物の大きさ、南仏アルルと比される空間の広がりを体現するため、アートガーデンで現地撮影された動画を投影します。中央には、丸太の輪切り椅子をアートガーデンより持ち込み、来場者に開拓当時の雰囲気を味わっていただけるようにします。
    • ゾーンD 大石の複製画美術館とデジタルミュージアム

    •  ここには、大石が収集した120点にも及ぶ西洋絵画複製画の内数点を実物展示します。大石は西洋名画を集めた「複製画美術館」の建設を目指してこれらの収集に励み、昭和29(1954)年神戸で、複製画による「炎の画人ファン・ゴッホ展」を開催しています。

    •  デジタルミュージアムを体験いただけるパソコンコーナーを介して、日本初の私設博物館で今は失われた九鬼隆一の「三田博物館」そして、我々アートシティさんだ研究会が検討している「デジタルミュージアム構想」をご紹介するパネルを配置します。
    • 新着情報

    •  大石輝一没後50年展へのご協力ありがとうございます。日を追うごとにご支援の輪が広がっているようで新しい仲間から嬉しいニュース、新鮮なニュースが続々届いています。

      そのⅠ 夙川ラ・パボーニに高校時代から通い、下宿もされていたという、またアートガーデンの建設に係わり泊り込みのボランティアをされていたという行政一成さんから、夙川パボーニの写真を送っていただきました。大石が彫った室内壁の壁画がよく写っていて、当時の様子がうかがえます。
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

アートシティさんだ研究会

アートシティさんだ研究会

 アートによって三田を盛り上げようという志を同じくする40名によって2021年4月に設立。駅前喫茶店とコラボして地元画家の個展を開催する事業に加え、デジタル映像技術を活用したアートミュージアムを企画検討することを、プロジェクトの最終的な目標の一つとしている。研究会では、まず、このデジタルミュージアムで将来的に取り上げるべき三田ゆかりのアーティストの抽出を行った。その中の一人が、大石輝一であった。
商品
入場券2枚+大石輝一油彩画ポストカード12枚セット
¥5,000 (税込/送料込)
残り 67
ご提供予定時期:2022年9月
入場券2枚+石碑/壁画ポストカード12枚セット
¥5,000 (税込/送料込)
残り 95
ご提供予定時期:2022年9月
FAQ・ヘルプ

商品一覧

特定商取引法に基づく表示

    販売事業者名
    株式会社神戸新聞社

    販売事業者所在地
    650-8571 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目5番7号

    代表者または運営統括責任者
    中山 敏暢

    代表者または運営統括責任者(フリガナ)
    ナカヤマ トシノブ

    連絡先/ホームページ
    https://www.kobe-np.co.jp/

    連絡先/電子メール
    keiei-kikaku@kobe-np.co.jp

    連絡先/TEL
    078-362-7014

    販売価格帯
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品等の引き渡し時期(日数)・発送方法
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    代金の支払時期および方法
    《決済手段》
    クレジットカード
    コンビニ決済

    《支払時期》
    本プロジェクトは実行確約型です。
    商品購入時に決済が行われます。

    商品代金以外に必要な費用 /送料、消費税等
    送料無料 (商品代金に含む)

    返品の取扱条件/返品期限、返品時の送料負担または解約や退会条件

    《返品の取扱い条件》
    輸送による商品の破損および発送ミスがあった場合のみ返品可。
    商品到着後14日以内に弊社までご連絡いただいた後、
    出品者から連絡のある返送先へご返送下さい。

    不良品の取扱条件
    商品受取時に必ず商品の確認をお願いいたします。
    商品には万全を期しておりますが、万が一下記のような場合にはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    ・申し込まれた商品と異なる商品が届いた場合
    ・商品が汚れている、または破損している場合
    上記理由による不良品は、
    商品到着後14日以内に弊社までご連絡いただいた後、
    出品者から対応方法をお客様宛にご連絡致します。