世界自然遺産奄美大島の絶滅危惧種「オーストンオオアカゲラ」の保全のための調査・研究にご支援ください!

  • stars集まっている金額
    ¥125,000
    (目標 ¥1,500,000)
  • flag目標達成率
    8%
  • local_offer購入数
    17
  • watch_later残り時間
    00 00:00:00
商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
絶滅危惧種で国指定の天然記念物。世界でも奄美大島にしか生息していない希少な鳥「オーストンオオアカゲラ」は、狭い島だけで生息しているため遺伝的な多様性が低い恐れがあります。多様性が低い場合、病原菌による感染が広がることなどにより一気に絶滅の危機に瀕する可能性もあるため、遺伝的な多様性を調べ示すことで、保全の必要性、森林の保全、育成などについて提唱していきたいと考えています。これは奄美大島に生息する動植物全体に関わることであり、島全体の生物多様性を保全することにつなげていきたいと考えています。
    • オーストンオオアカゲラ、そして奄美大島の自然を守っていくために

    • 貴重な島々である奄美群島とそこに生息する動物たち

    • 奄美群島は鹿児島県南部に位置し、奄美群島の中の奄美大島、徳之島は2021年に世界自然遺産に登録されました。その奄美群島には世界でそこにしかいない固有種や固有亜種が多く生息しています。哺乳類では国指定特別天然記念物で国内希少野生動植物種(以下、国内希少種)のアマミノクロウサギや、国指定天然記念物のアマミトゲネズミ、両生類では県指定特別天然記念物で国内希少種のアマミイシカワガエル、鳥類では国指定天然記念物で国内希少種のオオトラツグミやオーストンオオアカゲラ、同天然記念物のルリカケス、国内希少種のアマミヤマシギなど、希少な生物が多く生息している貴重な島々です。今回対象となっているオーストンオオアカゲラはキツツキの仲間で、奄美群島の中でも奄美大島にしか生息していない希少な鳥です。
    • オーストンオオアカゲラの保全の必要性

    • 多くの希少生物が生息している奄美群島では、保全のための様々な取組がこれまで行われてきました。鳥類については、これらの取組によって危機的状況を回避して回復傾向にあり、明るい兆しが見えてきています。しかし、問題が全て解決されたわけではありません。オーストンオオアカゲラは、保全に必要な情報である生息数や遺伝子の多様性などの実態が十分に把握されていないのです。生息数については、個体群を維持するために十分な数であるかを判断するための重要な情報です。では、遺伝子の多様性についての情報はどうでしょうか?オーストンオオアカゲラは狭い島の中だけに生息しているため、同じような遺伝子情報を持った個体間でのみ交配を繰り返し、遺伝的な多様性が低い恐れがあります。多様性が低い場合、病原菌による感染が広がるとそれに対応できる個体が出てきにくいため、一気に絶滅の危機に瀕する可能性もあります。環境悪化についても同じことが言え、環境悪化に対応できる個体がいなければ絶滅の危機に瀕することになるのです。そのため、遺伝子の多様性の情報はとても重要な情報です。
    • まず知ることから始めなければいけない

    • 私たちはオーストンオオアカゲラの遺伝的な多様性が低いのかどうかをまず知る必要があります。何かがきっかけで絶滅に瀕しないようしっかりと保全対策に取り組んでいかなければなりません。オーストンオオアカゲラの遺伝子の多様性を調べるためには、捕獲して血液を採取する必要があります。この調査では最低10個体分の遺伝子情報を集めたいと考えています。血液は翼の裏側にある翼下静脈から採取しますが、50μl(マイクロリットル)程度と微量でよいのでオーストンオオアカゲラの健康に影響を与えるものではありません。
    • 生物多様性の保全につなげていく

    • 現在、奄美大島は湯湾岳周辺など一部の森林が2021年に世界自然遺産に登録され、森林保全が進められています。しかし、オーストンオオアカゲラに特化した保全は行われておらず、登録地以外は森林保全も保証されていません。オーストンオオアカゲラは奄美大島全域に生息する鳥であり、島の一部を保全するだけでは不十分です。島全体の森林を保全していくためにも、遺伝的な多様性を調べ示すことで、保全の必要性について提唱していきたいと考えています。これはオーストンオオアカゲラだけではなく、奄美大島に生息する動植物全体に関わることです。私たちはオーストンオオアカゲラを通じて奄美大島全体の生物多様性を保全することにつなげていくことを目標としています。
    • ご支援をよろしくお願いいたします

    • オーストンオオアカゲラの遺伝子の多様性を調査していくためには、血液からDNAを分離してその情報を分析するための費用が必要となります。これに加え、奄美大島までの渡航費、宿泊費、レンタカー代が必要となるほか、当然ながら作業する人間の人件費もかかってきます。そのため、この活動を行うためには相当の費用が発生するのです。オーストンオオアカゲラを保全し、そして奄美大島の自然を守っていくためにも、この調査・研究にご理解いただき、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
    • 日本鳥類保護連盟とは

    • 日本鳥類保護連盟は公益財団法人です。鳥類をはじめとする野生生物の保護の必要性を広く普及するとともに、その保護を推進し、生物多様性の保全に貢献することを目的として、1947年に設立後、これまで75年間活動を続けてきました。
      今、日本鳥類保護連盟では鳥たちを守っていくために、「普及啓発事業」として未来の自然保護を担う子どもたちへの教育、啓発や、鳥の生態など鳥を保護するために必要な「調査・研究事業」、そして国境を越えて移動する鳥たちを守るためにフィリピンなどと共同で行う「国際協力事業」の3つの事業を柱に、日々活動を進めています。
      鳥類やそれを取り巻く自然を守り、自然と人が共生する社会づくりに貢献したい。私たちはそのために「Leave No Birds Behind!(全ての鳥たちを取りこぼさず、未来へつなげていく)」をスローガンに活動しています。
    • 普及啓発事業

    • 普及啓発事業では、「愛鳥週間全国野鳥保護のつどい」の開催や子供たちを対象にした「全国野生生物保護活動発表大会」、愛鳥週間を通したポスター掲示や講演、テグス拾い、親子を対象に巣箱作りと巣箱架けを指導するなど、野鳥保護につながる意識を高めるためさまざまな活動を展開しています。また、豊かな自然環境を保全していくことはもちろんのこと、都市部に点在する公園や街路樹などの緑地、個人宅の庭など小さな緑地にも注目し、それらを鳥類を始めとした生き物が利用できるよう、所有者の意識を変えるための活動も実施しています。私たちはこれらの緑地を「バードピア」と名づけ活動を広めています。
    • 調査・研究事業

    • 調査・研究では奄美大島での活動のほか、シマフクロウの保全活動、コアジサシの保全のための調査・研究、希少猛禽類の保全のための取り組み、外来種のワカケホンセイインコの生態調査等を実施しています。
      中でもコアジサシは、渡り鳥のため北半球と南半球を行き来します。そのため、フィリピンやインドネシア、オーストラリアの調査者とも連携し、実際に海外の生息地の調査を行って、中継地や越冬地の把握を通した保全活動を推進しています。また、アジアオセアニア地域だけでなく、ヨーロッパのリトアニアにおいても、現地大学に技術提供や物資の提供を行いながら共同研究をし、コアジサシの種としての保全に取り組んできました。
    • 国際協力事業

    • 国際協力事業では、調査・研究事業での取り組みに加え、フィリピンにおいて、渡り鳥として日本とフィリピンを往来するサシバやアカハラダカを保全するための取組をフィリピンのNGOと協力し、密猟対策や植樹、調査の為の中古双眼鏡の寄贈などを行っています。そのほか、ネパールでは現地の調査者が独自に財源を得て調査・研究や保全活動を進めていけるよう、エコツアーの定着のための取り組みや、調査技術や物資の提供も行ってきました。
    • ご支援をお願いいたします

    • 私たちの活動は皆様からのご寄付によって支えられています。野鳥を始めとした多くの動植物が生息する自然環境を保全していくためにもご支援をよろしくお願いいたします。
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

公益財団法人日本鳥類保護連盟

公益財団法人日本鳥類保護連盟

公益財団法人日本鳥類保護連盟は、1947年3月、日本における鳥類保護の普及啓発を推進するため、鳥類学者を中心として文部省(現文部科学省)、農林省(現農林水産省)、鳥学会、研究機関、団体などが一堂に会し結成されました。常陸宮殿下を総裁にいただいており、現在、未来を担う子供たちへの環境教育に力を入れながら、普及啓発活動、鳥類保護のための調査・研究、そして国際協力事業を行っています。
商品
奄美の自然のポストカード12枚組+分析結果報告
¥5,000 (税込・送料込)
残り 41
ご提供予定時期:2023年2月上旬から順次発送
オンライン活動報告会+分析結果報告
¥10,000 (税込)
残り 92
ご提供予定時期:2023年6月中旬頃
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  • 奄美大島の鳥や植物、昆虫、両生爬虫類の写真をポストカードにしました。12枚セットとなっています。 【多様性の分析結果について】 遺伝子の多様性について分析した結果については、結果がまとまりましたらeメールにて報告書をPDFで送付いたします。
    購入する
    • 価格(税込/送料込)
      ¥5,000
    • 残り
      41
    ご提供予定時期:2023年2月上旬から順次発送
  • 調査の様子や結果、その他オーストンオオアカゲラに関する紹介をオンライン(Zoom)で実施します。 【多様性の分析結果について】 遺伝子の多様性について分析した結果については、結果がまとまりましたらeメールにて報告書をPDFで送付いたします。
    購入する
    • 価格(税込)
      ¥10,000
    • 残り
      92
    ご提供予定時期:2023年6月中旬頃
  • 世界自然遺産に登録された奄美大島の自然について、ミステリー作家の鳥飼否宇氏(奄美野鳥の会)が講演する学習講座と自然観察会にご招待します(旅費は自己負担)。 【多様性の分析結果について】 遺伝子の多様性について分析した結果については、結果がまとまりましたらeメールにて報告書をPDFで送付いたします。
    購入する
    • 価格(税込)
      ¥50,000
    • 残り
      20
    ご提供予定時期:2023年4月頃
  • オーストンオオアカゲラの保全のための活動として、GPSを装着して行動圏の調査も行っています。GPSに購入者のイニシャルを入れ、それを装着して放鳥します。これによって得られた行動圏の結果をPDFでお知らせするほか、機関誌やHP、学会報告の際には協力者としてお名前を掲載させていただきます。 【多様性の分析結果について】 遺伝子の多様性について分析した結果については、結果がまとまりましたらeメールにて報告書をPDFで送付いたします。
    購入する
    • 価格(税込)
      ¥200,000
    • 残り
      3
    ご提供予定時期:2023年6月中旬頃

特定商取引法に基づく表示

    販売事業者名
    公益財団法人日本鳥類保護連盟

    販売事業者所在地
    東京都杉並区和田3-54-5第10田中ビル3階

    代表者または運営統括責任者
    代表理事 小宮輝之

    代表者または運営統括責任者(フリガナ)
    コミヤテルユキ

    連絡先/ホームページ
    https://www.jspb.org/

    連絡先/電子メール
    research@jspb.org

    連絡先/TEL
    03-5378-5691

    販売価格帯
    ※各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品等の引き渡し時期(日数)・発送方法
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    代金の支払時期および方法
    《決済手段》
    クレジットカード
    コンビニ決済

    《支払時期》
    本プロジェクトは実行確約型です。
    商品購入時に決済が行われます。

    商品代金以外に必要な費用 /送料、消費税等
    送料無料 (商品代金に含む)

    返品の取扱条件/返品期限、返品時の送料負担または解約や退会条件

    《返品の取扱い条件》
    輸送による商品の破損および発送ミスがあった場合のみ返品可。
    商品到着後14日以内に出品者までご連絡いただいた後、
    出品者から連絡のある返送先へご返送下さい。

    上記返品条件に該当しないお客様都合のキャンセルはお受けしておりません。

    不良品の取扱条件
    商品受取時に必ず商品の確認をお願いいたします。
    商品には万全を期しておりますが、万が一下記のような場合にはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    ・申し込まれた商品と異なる商品が届いた場合
    ・商品が汚れている、または破損している場合
    上記理由による不良品は、
    商品到着後14日以内に出品者までご連絡いただいた後、
    出品者から対応方法をお客様宛にご連絡致します。